DiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオ

ピッタリなフードをさがす!



New!!
 DiMarzio
 
Pick Up

※こちらの商品はご注文を頂いてから納品までに、約2~3ヶ月ほどのお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


<仕様>


■Fスペース仕様
 ポールピースの間隔:10.2mm
※フェンダー、フロイドローズタイプ等、幅の広い弦間に対応しています。
■出力(mv):410
■トレブル:4.5
■ミドル:5.5
■ベース:6.0
■直流抵抗 (kΩ):11.03k
■マグネット:セラミック


<カラーバリエーション>
Black
Cream
Black/Cream


<主な特徴>
1980年代後期からプログレッシヴ・メタルのジャンルを牽引してきたジョン・ペトルーシは、長年に渡りディマジオ・ピックアップを使用しています。CrunchLabは、彼とのコラボレーションによって誕生した最新モデルです。ドリームシアターの10枚目のアルバム「Black Clouds & Silver Linings」の制作からこのピックアップを使用しています。このピックアップは彼が今までライヴやレコーディングで使用してきたピックアップの中で、最高の出来であると評価しています。濁りのないビッグでタイトなサウンドです。


<推奨使用例>
ブリッジ・ポジションにお勧めです。


<テクニカルノーツ>
Dソニックに近いルックスですが、内部構造は大きく異なります。Crunch Labは、よりラウドで、ハイは深く、ミッドとローはよりオープンなサウンドです。これはハイゲインアンプでのコード弾きの際に決定的です。ジョン・ペトルーシはCrunchLabを非常に好み、ギターのチューニングに関わらず、バリトンを含むほぼすべてのギターにソリッドー・バーをネック側にしてこのピックアップを搭載しています。

DOD Mini Expression(ミニ・エクスプレッション)コンパクトサイズのエクスプレッション・ペダル※国内正規品

企業情報ドッグ

「キャネットチップ」と「キャネットチップ こく旨リッチ」のCMオンエア中

DiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオ

トピックスDiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオDiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオ

DiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオ

キャンペーンDiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオDiMarzio《ディマジオ》DP228F Crunch Lab Bridge (Fスペース仕様)-ディマジオ